国内旅行の二極化が進んでいます。それは格差の時代と同時に、人々の旅行へのニーズの変化によるものです。

私が国内旅行を大好きなわけ

私が国内旅行を大好きなわけ

国内旅行の二極化の進行

皆さんは国内旅行と聞いてどの様な旅行形態をイメージするでしょうか。例えば昭和時代ならバスや列車を集団で貸し切って行う、社員旅行や慰安旅行などに代表される団体旅行が盛上がり集団の結束を高め協同体の仲間意識の向上やチームワークの向上等の性格を持つ旅行が盛んでした。これらの旅行では皆で同じ観光地に出掛け皆で同じ名所を巡り皆で同じ名物料理おを楽しみ皆で同じ感動を味わうという傾向がありました。

しかしながら、世の中は平成となり長期の不況と人々の物やサービスへのニーズの多様化など、消費と社会の構造は変化していきました。それは旅行業界も同様の傾向であり、不況による旅行への予算の減少や人々の意識が割高感のある国内旅行から割安な近場の海外旅行へのシフトなどが起こりました。

このような中で近年の国内旅行に視線を持っていくと、大雑把に考えて旅行の二極化が進んでいる傾向にあります。例えば比較的貯蓄のある富裕層や熟年層から人気を得ているのが豪華観光特急列車ツアーに代表される豪華旅行が、貯蓄に余裕が少ない傾向にある若年層や低予算で旅行を楽しみたい方に支持されているのがLCCの格安航空券を利用して旅行を組み立てる格安旅行が流行しています。

推奨記事

Copyright 2017 私が国内旅行を大好きなわけ All Rights Reserved.