昭和時代には集団旅行がの比率も多く皆が同じ体験をする傾向であったのが、近年は国内旅行の多様化が進んでいます。

私が国内旅行を大好きなわけ

私が国内旅行を大好きなわけ

国内旅行の新形態について

国内旅行の傾向としては昭和時代には社員勢ぞろいの社内旅行に代表される集団ツアーの旅行者の比率も多く、ガイドの引率のもと集団で連れ立って共通の体験を行い同じ感動を得る旅行も多く多くの旅行の構成員が存在している傾向でありました。一億層中流の時代でもあり皆が集団の和を作り楽しむ組織だった旅行が好まれる傾向がありました。よって列車やバスを団体で貸し切り定番の観光地に行き定番の名所を巡り定番の名物料理を食べる旅行も盛んに行われていました。

その後時代も変化して、こういった旅行形態の構成比率は変化してきました。それは、旅行の個人化です。平成の世の中になり以前より会社や学校などの組織内の集団内での個人の結びつきも弱くなった事と長年の不況の影響等により人々は以前よりも国内旅行を楽しむ機会が減りました。特に集団旅行はその減少は顕著であり、集団で旅行を楽しむという旅行形態も減りました。

また、市場ではサービスや商品の多様化しており旅行形態も人々の好みの多様化に合わせて枝分かれしています。個人旅行が大きく伸びています。現代の旅行形態の中で注目すべきは中高年の中でも裕福な方には豪華旅行が好まれている事です。格差の時代だからこそ働き盛りから収入を増やし仕事の引退を控え、または引退した中高年の夫婦を中心に他と差別化した豪華旅行の需要が伸びているのです。事例としてはJRの豪華観光特急列車の運行などが有名です。

推奨記事

Copyright 2017 私が国内旅行を大好きなわけ All Rights Reserved.