国内旅行で温泉に出向き、旅館に泊まりながらも他の温泉につかる楽しさについて、取り上げます。

私が国内旅行を大好きなわけ

私が国内旅行を大好きなわけ

国内旅行で温泉めぐり

国内旅行の魅力の1つとして挙げられるのは温泉旅館に泊まること。温泉は癒しの魅力がたくさんありますが、温泉街の旅館だと、周りにいわゆる外湯と呼ばれる浴場があります。内湯と呼ばれる浴場はすぐに入れる気楽さがありますが、外湯には巡っていく楽しさがあります。普段着ないであろう浴衣を着て、下駄をはいて歩いていく過程は、普段の生活ではなかなか得られません。温泉街に旅行に行かれるのであれば、そういう外湯巡りができるところに行かれた方が、楽しさ倍増かと思います。

旅行シーズンともなると、外湯のような共同浴場でもお客さんがいっぱいだったりします。そうなるとなかなか落ち着いてお風呂にも入れなくなってしまいますが、そういう騒々しい雰囲気を味わうのもまたある種の楽しさかなと思います。混んでいる環境が嫌いな方なら願い下げでしょうが、静かなお風呂に入りたいなら、最悪お部屋のお風呂に入ればいいわけですから、一度せわしない浴場を体験してみるのもいいと思います。外湯から上がり、旅館まで歩いて戻ることになりますが、温泉街によっては途中に売店があったりして、都合よく寄り道ができるようになっています。旅先だと、そこでラムネを飲んでみたり、アイスを食べてみたくなるのでは?

どちらにせよ、せっかくの旅行なのだから、楽しんで過ごしたいですね。

推奨記事

Copyright 2017 私が国内旅行を大好きなわけ All Rights Reserved.