花と新緑の季節を迎えた北海道への国内旅行。子馬が産まれたばかりの緑の牧場が連なる国道235号線を走る。

私が国内旅行を大好きなわけ

私が国内旅行を大好きなわけ

春の国内旅行なら北海道

花と新緑の季節を迎えた北海道。桜の花も散ってそろそろ新緑が輝く季節となりました。この時期に千歳空港に近い苫小牧市から南へ国道235号線を走ると、この道路沿いには多くの牧場が拡がっています。道路は北から南へ走りますが、東側にはまだ雪をいただいた日高山脈の山々があり、西側は太平洋が拡がっています。日高山脈の山から太平洋へと流れる川が幾筋も海へと流れ落ちています。道路はこの幾筋もの川を横断して南へと走ります。谷へ降りて川を渡るとまた尾根を登り、尾根を過ぎると川へと下り。その繰り返しをしながら道は南へと走りますから。尾根の上からは広々とした緑の牧場を見渡し。谷の底からは緑の牧場を見上げる、その繰り返しです。

牧場にはこの春に産まれたばかりの子馬が母馬に寄り添うように遊んでいる姿を見ることができます。春の暖かい日差しの中で母馬の足下で緑の牧草の上で横になって寝る子馬の姿はかわいいものです。競走馬の馬産地、日高を走る235号線のドライブはとても感動的です。西に拡がる太平洋からの風も澄み切って気持ちいいです。夕方に海へ沈む夕日も感動的です。また尾根の上から海岸線に沿って拡がる部落を見下ろす夜景も美しいです。日常生活の雑事に疲れた心を癒やすには春の日高路は最高の国内旅行となるでしょう。

推奨記事

Copyright 2017 私が国内旅行を大好きなわけ All Rights Reserved.